コラム

Column

マイニング事業で収益を生み、成功するために押さえるべき3つのポイント

マイニング事業で収益を生み、成功するために押さえるべき3つのポイント

消費者の間で、新たな決済手段として注目を集めつつある仮想通貨。現金やクレジットカード、電子マネーに加えて、仮想通貨でも決済可能な小売店もすでに存在します。

一方、企業の間では仮想通貨の「マイニング事業」が話題となっています。

そこで、本コラムでは仮想通貨のマイニングがどのようなものなのか?といったあたりから、マイニング事業で成功を収めるためのポイントまでを解説していきます。

仮想通貨のマイニングとは?

そもそも、仮想通貨のマイニング(採掘)とは、どのようなものなのでしょうか?

その言葉から想像すると、あたかも仮想通貨という「コイン」を採掘することを指すように思われます。確かに、マイニングを行うことでマイナー(採掘者)は仮想通貨を手に入れることができます。しかし、その対価となる作業は「採掘」というイメージとは異なっています。

端的に表現すると、マイニングとは、仮想通貨のネットワーク上で行われた取引の正当性を証明して、ブロックチェーンに記録する作業のことです。

ビットコインをはじめとする仮想通貨では、ブロックチェーンと呼ばれる技術を利用しています。そして、特定の金融機関の管理下にない仮想通貨は、複数の取引データをブロックとし、まとめて鎖のように次々とつないでいき、1つの公開取引簿(ブロックチェーン)に記録しています。

では、誰もが無制限にこのブロックチェーンに取引データを追加できるのでしょうか?
もしそうであれば、実際に保有していないブロックチェーンで決済したり、過去の取引を改ざんしたりすることもできてしまいます。

そのような不正を防ぐために、例えば、ビットコインでは世界中に存在する有志が取引の正当性を検証しています。マイニングとは、まさにこの取引の正当性を検証する作業のことを指すのです。ブロックには、取引データのほか、ハッシュ値とnonceと呼ばれる値を持っています。そして、その正当性を検証してブロックをつなげるには、全検索・総当たりによってキーとなる値を見つけ出す必要があります。そして、全検索・総当たりによって最も早く取引の正当性を証明してブロックをつないだマイナーが、報酬として新たなビットコインを手に入れることができます。

このようなマイニングは、ビットコインが流通し始めた当初は、家庭用のコンピュータであっても実行して報酬を受け取り、利益を生み出すことができました。しかし、今日ではそれが難しくなっています。

ビットコインにはマイニングの難易度を自動調整するプログラムが組み込まれており、平均10分に1回マイニングが完了し、新たなビットコインが発行されるようになっています。一方で、誰よりも早くマイニングを完了しようと、よりハイスペックなコンピュータを利用するマイナーが増えています。

その結果、多数のマイナーが登場した今日では、もはや個人が採掘によって利益を得ることは困難になってしまったのです。一方で、ハイスペックなコンピュータや巨大なデータセンターを活用して、マイニングを事業化して収益を生み出そうとしている企業も現れています。

3つのポイントイメージ画像

マイニング事業で収益を生むための3つのポイント

1.強力な演算能力を持つ機器の活用

競争の激化したマイニングで収益を生み出すには、膨大な計算処理を超高速で実行できる必要があります。そのため、高性能なコンピュータが欠かせません。

最近では、演算能力に優れたGPU(グラフィック・プロセッシング・ユニット)を組み込んだコンピュータを利用するのが一般化しています。また、ASIC(特定用途向け集積回路)を利用して、さらに演算能力を高めようという試みも見受けられます。

2.強力な冷却能力を持つ、クリーンな施設が必要

マイニングに必要となる強力な演算能力を持ったコンピュータは、家庭用のコンピュータや一般的なサーバ類とは比較にならないほどの熱を発します。そして、そのコンピュータを安定稼働させるにはコンピュータから発せられる熱を冷まさなければなりません。

そのため、強力な冷却能力を持つ空調設備が必要となります。さらに、使用されるコンピュータは精密機器ですから、設置場所がクリーンであることも欠かせません。

3.大容量、かつ、低コストな電力確保の必要性

強力な演算能力を持つコンピュータと、強力な冷却能力を持つ空調設備を稼働させるには、大容量の電力が必要になります。一方で、事業として利益を生むには、電力コストをできうる限り低減することも非常に重要です。大きなイニシャルコストをかけてコンピュータを調達しても、ランニングコストとして多額の電力料が発生してしまっては採算が取れません。

マイニング事業で成功する、つまり収益を生むためには電力コストの低減が大きな課題となります。

マイニング事業で収益を生むための
3つのポイント
協力な演算能力を持つ機器の活用
協力な冷却能力を持つ、クリーンな施設が必要
大容量、かつ、低コストの電力確保の必要性

マイニング事業で欠かせないデータセンターの活用

すでにマイニング事業への進出を発表している企業の動向を見ても、特に電力コストの低減に注力していることがわかります。2017年にマイニング事業への進出を発表したある企業は、寒冷な気候の某国にデータセンターを建設するという巨額な投資を伴う方針を打ち出したほどです。

とはいえ、これからマイニング事業を開始しようという企業にとって自前でデータセンターを建設するというのは、資金調達やその後のコスト回収を考えると非常に高いハードルと言えます。

そこでまず考えるべきなのが、国内データセンターの活用です。国内にも、大容量の電力を低コストで利用できるデータセンターが存在することをご存知でしょうか? その1つが、株式会社データドックの「新潟・長岡データセンター」です。

大容量の電力を低コストで利用できるデータセンターが誕生!

データドックは、母体である株式会社メディックスがデジタルマーケティングのコンサルティング事業を通じて標榜してきた、「より本質的にクライアントのビジネスに貢献するパートナー」の実現を目指し、ITインフラサイドからもアプローチして行くために設立されました。

データドックの「新潟・長岡データセンター」は、新潟に立地していることを活かし、外気と雪を活用したハイブリット冷却システムを採用。PUE※1では1.19(設計値)という非常に優れた電力効率を誇っています。

このような取り組みを通じて、マイニング事業者様にもご満足いただけるデータセンターを実現しています。マイニング事業のデータセンターをお探しの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

※1 PUE(パワー・ユーセージ・エフェクティブネス):電気効率を示す指標。データセンター全体の消費電力÷機器の消費電力により算出し、この値が1.0に近づくほど電力消費効率の良い施設となる。

Contact

データセンター見学のお申し込み、サービス詳細や価格、資料請求など
お気軽にお問い合わせください