BCP/DR関連コラム

BCP/DR Column

BCP(Business Continuity Plan)は日本語で事業継続計画と訳され、災害時の復旧について、あらかじめ計画を定めることを指します。一方、DRとはディザスタリカバリ(Disaster Recovery)の略で、直訳すると「災害復旧」です。DRは災害復旧、BCPは事業継続計画であり、厳密には意味が異なります。ただし、特にシステムの観点が強い記事などでは、DRとBCPは同意語として扱われることもあります。本ページではDR/BCPに関連するコラムを紹介します。

システム管理者必見 -オフィスビルの法定停電に備えよう

企業のシステム管理者であれば、毎年オフィスビルの電源が一斉にダウンする法定停電に悩まされたことがあ…

DR/ディザスタリカバリの基本分類と選択基準

「DR/ディザスタリカバリとは」では、DRの基本について、「DR/ディザスタリカバリのための災害講…

DR/ディザスタリカバリのための災害講座-東日本大震災で起こったこと

「DR/ディザスタリカバリとは」では、DRの基本について解説しました。DRとは災害復旧です。DRを…

DR/ディザスタリカバリとは

DRとは、ディザスタリカバリ(Disaster Recovery)の略で、直訳すると「災害復旧」で…

【TechTarget掲載】IT担当者の8割は「データ復旧に自信がない」 復旧力を高めるためにすべきこと

2019年1月22日 TechTargetジャパン"IT担当者の8割は「データ復旧に自信がない」 …

ディザスタリカバリ(DR)用途のデータセンターを実際に構築する企業が重視する要件とは?【当然のこと】と【意外なこと】

どの企業にとってもITが企業活動の重要な拠り所となった現在、大規模地震などの災害発生時にもサービス…