イベント・セミナー

Event / Seminar

【セミナー】
データ活用時代に改めて考えるBCPセミナー

開催概要

東日本大震災から8年、当時整備されたバックアップやディザスタリカバリー環境に関して、環境維持に大きな負担が掛かっていたり、首都圏直下型地震などのリスクも叫ばれる中で、今後の方向性が決まらず、困っていらっしゃるお客様も多いのではないでしょうか。
データの爆発的な増加と共に、企業の持つデータの重要性は益々上がり、大事なデータをどのように保管し、またどのように無駄なく活用することが出来るのか、そのヒントを、データセンターファシリティ、ハードウェア、サービスそれぞれの観点で事例を交えてご紹介いたします。

開催日 2019年4月25日(木)
開催時間 セミナー/15:30~18:10(受付開始:15:00)
懇 親 会 /18:10~19:30
会場 トラストシティ カンファレンス・丸の内
主催 日本ヒューレット・パッカード株式会社
共催 株式会社データドック
協賛 インテル株式会社
定員 60名
受講対象者 企業の経営者、経営企画の方、社内情報システムの運用・方針策定をする立場の方、
企業情報システム部門の企画担当者、運用管理者、システム担当者

プログラム

時間内容
15:30~15:35 ご挨拶
日本ヒューレット・パッカード株式会社
執行役員 エンタープライズアカウント営業統括本部
統括本部長 佐藤 真人 氏
15:35~16:05 データは通貨?使わないのはもったいない
企業の資産とも言えるデータ。日々増えるデータの活用と効率的な運用の重要性が高まっています。昨今台頭している技術動向を踏まえて、無理なく有効活用するユースケースを"HPE Synergy"を軸にご紹介します。
日本ヒューレット・パッカード株式会社
ハイブリッドIT事業統括 クラウドプラットフォーム統括本部
ソリューションアーキテクト 齋藤 豪 氏
16:05~16:10 ご休憩
16:10~16:55 ゲストスピーカーセッション
16:55~17:35 DRサイトにもAIシステム設置にも最適なデータセンターの選び方
南関東直下地震・南海トラフ地震といった、巨大地震のリスクが叫ばれる中、首都圏企業のDR(ディザスタリカバリ)ニーズに応えるデータセンターとは?
GPUサーバー等で構成されるAIシステムの設置運用ニーズに応えるデータセンターとは?
お客様の活用事例や選定ポイント、勘所などを交えてご案内いたします。
株式会社データドック
営業本部 営業部
後藤 崇洋
17:35~18:05 バックアップ容量半端ないって! 災害対策含めた最適なバックアップ環境とは?
データ量の爆発的増大が叫ばれている今、バックアップ容量半端ないって!状態の企業も多いはず。
しかし直接的に売上に貢献できないバックアップ環境に多額のコストはかけられません。
オンプレミス型従量課金サービス「HPE GreenLake Backup」であれば、DR対策含めたバックアップ環境の最適化が可能です。
日本ヒューレット・パッカード株式会社
Pointnext事業統括 OSソリューション推進本部
吉田 憲吾 氏
18:05~18:10 クロージング
株式会社データドック
執行役員 営業本部
本部長 竹之内 憲
18:10~19:30 懇親会